Top > 投資 > 最終益な利益が大切

最終益な利益が大切

外為取引の経験がない方が為替相場の重要なところを捉えるためにはまず最初にトレードを積み上げていく事が必要です。

 

とりわけ、事前にピンチを察知できるようになるためには間違いをすることも大事です。

 

ただし、マイナスになるといっても、再起できないほど重大な負けをする事は出来ません。

 

小さい損を何度も重ねる事が、結果として自らのレベルを上げてくれるはずです。

 

こう考えるとまず初めは少ない資金でエントリーしてそれによって小さな負けを経験することをおすすめします。

 

一例として、100万円しか投資する余裕が無い場合よく考えずに全部賭けて売り買いすると、失敗した時、永久に再起できなくなってしまう恐れがあります。

 

それよりは、仮に資金の10%ずつ分割してエントリーして、これによって売ったり買ったりを体験した方が、段々とマイナスを補う手法なども覚えるはずです。

 

少ない額でトレードする事の長所は先に書いたように自分自身の経験値を増やし、損をコントロールする方策を身に付けていく事にありますがそれと合わせて、取引の回数を多くする事でリスクを減らす事ができるという良いところもあります。

 

1度のエントリーで儲けられる可能性が50%とします。

 

言い換えると、同じく5割の確率でマイナスになる可能性もあります。

 

勝率50%ということは五分五分の確率で利益が上げられる事を示しています。

 

だが、全部の投資資金を使って1度だけの勝負をするということは、100%の勝ちか、100%の負けかの片方になってしまいます。

 

このままではギャンブルと同じです。

 

これは、全てのお金を投じて1回しかエントリーしないと損が生じる割合が大きくなります。

 

そのため、投資資金を全て投じるのではなく少額ずつ分けて投資経験を積む事がリスクコントロールとなります。

 

また少しずつに分割しても全てのエントリーで勝つ事は大事ではありません。

 

はっきり言うと、全部は勝てないのが現実です。

http://maruta.be/gamapart

投資で重要なのは勝った回数ではなく、いくらプラスに出来るかです。

 

勝ち負けが同じでも、さらに勝率5割以下でも稼ぐ事は出来ます。

 

5割以上負けても損がわずかならば少ない勝ちのプラスでうまく稼げます。

そのためには、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を心がけることです。

 

損益が出たら即ロスカットして儲けられる時はなるべく大きくプラスにする事が、FX取引をはじめたばかりの方が外国為替証拠金取引でプラスになるための神髄です。

 

投資

関連エントリー
最終益な利益が大切