Top > ネット > 元気いっぱいに

元気いっぱいに

ノートPCの画面の前に座り絶えず上下動している相場を目を向けていると、どことなく注文をしなくてはいられないという欲求に影響される場合も多いです。

http://sanako2013.meblog.biz/

だけど、漠然とした衝動で取引するのだけは、断じてしてはいけません。

 

事実、外国為替相場は1日中、休みなくいずれかの国の市場は変化しているし為替レートも、変動しています。

 

しかし、闇雲に売買を積み重ねると、それだけで損をする率が高まってしまう。

 

無論、取引の回数を積み重ねる事で、だんだんと勝利する可能性が半々になります。

 

けれどもそれは「はっきりしない思いつきで注文」してしまうこととは話が異なります。

 

トレード回数を増やす事の意味は自分で「ここは勝てる」と直感した感覚を得られたケースでの売り買いの回数を重ねるという意味である。

 

ただ何となく、ひっきりなしにトレードを重ねるのとは全く違う。

 

市場の駆け引きに敗北しないためには自ずから深く考えてメリハリをつけることが重要です。

 

「ここがチャンス」と考えた相場の時にはいっそのこと所有ポジションを増やして、意識して儲けを追求します。

 

「少し難しい為替相場でどう上下するのか考え付かないな」と感じた時は、潔く諦めてポジションを諦めて黙っています。

 

それぐらいのけじめをつけた方が最終的にはトレードは勝てます。

 

相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

 

実に言葉どおりだと感じます。

 

為替取引とは、いかなる時でも売買ポジションを保持する事が肝心な事ではなく、どの売買ポジションも保有せず静観していることも状況によっては相場なのである。

 

じゃあ、どの場面で、休むといいのでしょうか。

 

最初に言われるのが前述の通り、これから先の相場展開が曖昧で難しいときです。

 

現状から上がるのか下がるのかわからないような時は、ヘタに動くと、自分自身で考えた物語とは逆方向に外国為替市場が変動してしまい損をする事になります。

 

そんな時はポジションを整理して、そのまま何もぜずに様子を見ているのが最善の策です。

 

2番目に、体調があまりよくない時です。

 

コンディションと相場に関係性はないと思う人もいるだろうが。

 

実際には考えている以上につながりがあります。

 

健康状態が悪い時は外国為替市場の判断しなければいけない場面で冷静な決定をする事ができない。

 

気乗りがしない時は、市場から離れる事も肝心な事です。

 

ネット

関連エントリー
エステなんて贅沢、産後ママ専用コースがあるなんてプニプニしないでー元気いっぱいに民事再生による解決